軽自動車に買い替えて感じるメリットデメリット

軽自動車に買い替えて感じるメリットデメリット
私は現在30代の男性です。
今から3年ほど前に、普通車から軽自動車へ買い替えました。
今日は、実際に軽自動車に買い替えてから感じるメリット、デメリットについて記したいと思います。
その前に乗っていたのは、アコードワゴンでした。
それから、ダイハツのムーヴカスタムに乗り換えました。
まず感じたのは、軽自動車なのに中が広いということです。
アコードワゴンと比べて、高さがあるので広く感じました。
後ろのトランクは狭くなったのですが、その分座席の間にも充分な空間があり、4人乗っても全く窮屈に感じません。
デメリットはやはりパワーに差があることです。
街中を走っているときはそれほど感じません。
しかし、高速道路を走っていると、特に加速や追越をしたいときにはかなり踏み込まないと抜けない時に、少しもどかしさを感じます。
とはいえ、最初の予想に反して、全体的には大満足です。
税金や維持費も安いので、これからも大事に乗っていきたいと思います。

フランス車のデザインはさすがです

フランス車のデザインはさすがです
単純に見た目で、パッと見で、かっこいいと思うのは輸入車です。
デザインがかっこいい。
国産の車とは、車のデザインに対する考え方が根本的に違うのではないでしょうか。
車がどう捉えるか、とも言えそうです。
最近はプジョーが気になっています。
プジョーのRCZを見かけるとテンションが上がってしまいます。
あのデザインは秀逸だと思います。
いかにもデザインに気を配って、かっこいい車を目指しました、と声高に宣言してはいませんが、なんともいえないセンスの良さがにじみ出ています。
あのアーチは素晴らしいです。
今までありそうで、実はどこにも無かった曲線だと思います。
かっこいい!と一発で思えないのですが、何度も目にしていると何故かハマってしまいます。
さすが芸術の国フランスのプジョーです。
同じくフランスのシトロエンのデザインも好みです。
フランスの車は、ちょっとひねってあってどこかにユーモアを感じるようなデザインなところが好きです。

Comments are closed.